IT導入支援事業者になりました

弊社は、2018年4月に「サービス等生産性向上IT導入支援事業」

において「IT導入支援事業者」に認定されました。

中小企業・小規模事業者の皆様が活用できる補助金になります。
弊社の提携しているITツール(ソフトウエア、サービス等)導入やホームページ制作のサービスを
ご利用いただけるようニーズに合わせご登録しております。

 

日経新聞の記事より、IT補助金は

13万5千社の利用を想定し2017年度補正予算にて500億円を計上。

16年度補正予算では、予算規模100億円、約1万5千社を対象に実施されたので、

本年度は予算・採択数ともに大幅に増えることになります。

ITツールを導入して業務効率化・売上アップを図る
機会として弊社のサービスをご利用していただけたら幸いです。
平成29年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業について
https://www.it-hojo.jp/applicant/

加盟団体 & 販売パートナー

■加盟団体

一般社団法人 Business IT 推進協会

■販売パートナー

富士ゼロックス 商品取扱店

日本ビズアップ株式会社

■協力 ソリューション

BIZUP

ChatWork株式会社

MFクラウド

 

 

加盟団体、各種認証情報

経営革新等認定支援機関バナー

経済産業省関東経済産業局「認定経営革新等支援機関」に認定されました

認定番号:第72号‐107208000212

詳しくはこちら

DX認定

当社のDXへの取り組みが経済産業省が定める「DX認定」に認定されました

手続き番号:DX-2022-06-0021-01

詳しくはこちら

ITCA『DX認定サポータ』に認定されました

詳しくはこちら

チャットワークでのお問い合わせ

【 チャットワークでのお問い合わせまでの流れ 】
■チャットワークのアカウントをお持ちの方は>>>
こちらからログイン下さい。
②弊社のプロフィールが表示されます。プロフィール画像右下 > 青ボタン「コンタクトを追加」を押してください。
③弊社より連絡が入るのを数分お待ちください。。。

■アカウントをお持ちでない方は>>>
こちらよりアカウントを作成してください。
こちらからログイン下さい。
③弊社のプロフィールが表示されます。プロフィール画像右下 > 青ボタン「コンタクトを追加」を押してください。
④弊社より連絡が入るのを数分お待ちください。。。

 

当社へのお問合せ・ご相談は、Chatwork(チャットワーク)にて
対面式の『ビデオ会議』もしくはメールよりスムーズな対応の『チャット』にて対応させていただいております。

お手数おかけしますが、上記のご登録をおこなっていただきお気軽にご相談ください。
 

 

つくばビジネスソリューションの「チャットワークサービス」について

電話・メールでのお問い合わせ

■ 電話でのお問い合わせ
お問い合わせ・ご相談はお気軽にお電話ください
営業日 (土日祝日を除く)9:00~17:45

℡:029-869-8051

■ メールでのお問い合わせ

お名前 (必須) 例)○○ 太郎

ふりがな (必須) 例)○○ たろう

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

郵便番号(任意)

住所(任意)

題名(任意)

メッセージ本文(必須)

【終了】2018/5/9 ITフル活用!業務効率化セミナー 

日付
2018/5/9( 水)13:15 ~ 受付開始
第1 部 13:30 ~ 14:30
第2 部 14:45 ~ 15:45

費用
無料 ( 定員20 組)

会場
つくば国際会議場 小会議室403

●セミナー内容
どのようにITツールを活用して業務効率が上がり売上を向上させたのか。
他社の導入事例をヒントに活用法を公開いたします。
人材不足、1 人あたりの「労働生産性向上」が問われる社会
会社運営の参考にしてみませんか。

!こんな方に聞いていただきたい話です
・事務、経理処理に手間や時間がかかる、やりたい作業ができない
・同じ管理表、似たようなEXCELが複数ある
ほしい資料がすぐに出ない、資料を作るのに手間や時間がかかる
・メール・電話対応をしている時間が長い
・「働き方改革。生産性向上。」と興味はあるが、
コストもかかり、実際は何から取り組めばよいのかわからない
・ITを活用し競争力を強化して、新規顧客の開拓・売上の拡大につなげたい
・IT活用のメリットとデメリットがよくわからない
・社内システムがあるがコストが膨大にかかるため共有や仕様の変更ができない

第1 部 13:30 ~ 14:30
講師:ChatWork 株式会社  常務取締役  特別講師  山口 勝幸
セミナー内容:「成功事例から学ぶ! IT 活用で実現する業務効率化」
働き方改革や収益向上、営業活動を効率化したい方
チャットワークならではの” 新しいワークスタイル” 視点で
中小企業の各業界の事例とともにお話しいただきます

第2 部 14:45 ~ 15:45
講師:富士ゼロックス茨城株式会社
セミナー内容:「” 業務の密度” を高め、売上向上に、IT活用術」
・名刺管理から資料管理まで共有情報ペーパーレス。時間価値の向上事例
・EXCELファイルから「kintone」アプリに一元管理、楽々集計方法

【CASE2】 ペーパーレスで社内文章管理を効率化

■ Q.問題点
分業制を導入して作業効率を上げたい、作業分担をしていないため、高いスキルがある方に仕事が集中してしまう
残業を減らす改善策をさがしている
担当者が辞めてしまうとお客様の情報がどこにあるかわからない 資料の共有化ができていない
お客様と会う時、複数の資料を持ち歩いてしまう
資料の保管場所に困っている
紙の資料が多く、資料やファイルを探すことが多い

■ 提案システム
ドキュワークス+複合機もしくはSCANSNAP+BEATBOX
ペーパーレス環境を構築・レクチャー価格 「ペーパーレス支援ソリューション」

*使用するソフト・機器・機能の選択により費用は変動します

■ 改善ご提案内容*************************************************
資料保管のルール、事務所で使用している決裁文書や共通書式など
どんな種類の資料をどう利用しているのか、
お客様の実務の状況を理解したうえで
バックオフィス業務の効率化ポイントを構成しました。

共有フォルダ(サーバー・クラウドストレージ)内部を構築し 
電子文書ソフト「ドキュワークス」を使用することで
パソコン上でも視覚的に確認しやすい電子文書になり資料ペーパレス化を確立します。

電子文書になっているためデータの検索も可能になり
資料を探す時間も短縮。

【イメージ】

 

 

バージョンアップのたびに机上で使用しているみたいに新しく開発されるドキュワークスの文具機能>>

下記のような「文書トレイをパソコンに表示」させることで直感的に文書の受け渡しも可能に。

FAXなど今まで紙で出力していたものも
自動でドキュワークスのフォルダに入るように設定することによって
紙のコスト削減も可能になります。

■ ご紹介商品*************************************************

DocuWorks 8(ドキュワークス 8)

DocuWorks 8(ドキュワークス 8)ソリューションで解決例

DocuWorks 8(ドキュワークス 8)の新機能>>

リモートアクセスサービス BEATACCESS

DocuWorks 8(ドキュワークス 8)を無料体験はこちら!

DocuWorks ドキュメントトレイオプション

FUJIXEROX カラー複合機

ScanSnapスキャナー × DocuWorks

*使用するソフト・機器・機能の選択により費用は変動します

■ お客様の声*************************************************
ドキュワークスは自分の机周りで作業しているように
感覚的に理解できるツールが多いため
年配のスタッフも抵抗がなく使用しています。

既に保管のルール化もあったので
多くの資料が導入後すぐにペーパーレス化されました。
机の上で検索して、資料を見つけられるようになり
キャビネットへ探しに行く手間も減り、時間の短縮にもつながっています。

埋もれていた資料も整理整頓。

現在ではBEATBOXの機能BEATACCESSを使用して
どこでもドキュワークスの資料が確認できる機能を利用して
場所を問わず「在宅でも仕事」ができるようになりました。

 

 

【CASE1】 クラウドで会計・レジの一体化 会計処理自動連携で時間短縮

■ Q.問題点
店舗が複数あり事務員・経理の人材の確保に悩んでいる
会計の処理が滞っていた
売上管理が複雑でほしい情報・分析をとるのに時間がかかる
ネットや設定周りがわからないため、専属の方が不在の時は問題解決ができない
社内の商品販売ルールに「POSレジ」の仕様が合わない。もしくはカスタマイズするのに多額の費用がかかる

■ 提案システム
クラウドPOSレジ スマレジ+MF会計
「ITソフト導入支援」を実施

■ 改善ご提案内容*************************************************

「POSクラウド スマレジ」 × 「MF会計」

自動で会計データに売上データ・インターネットバンキングデータを連携

経営判断をするため数字をどう把握したいのか?社長様とヒアリングをし、

メニュー構成や、会計連携後には経営判断をリアルタイムにするバックオフィスのしくみを構築

入力の手間を減らし、経理経験があるものでないと対応できない箇所を減らす

インターネットバンキングの連動により預金の流れと突合しながら仕訳入力することも可能

自動連携例>

■ ご紹介商品*************************************************

①クラウドPOSレジ 「スマレジ」

>>スマレジの詳しい機能

>>スマレジ料金のご案内
・導入コストを大幅に削減することができます *制限付き、無料プランもあります
・一般的なレジ機器類はいらなくなり、最低限IPADbluetooth プリンターがあればすぐに使うことができる
・iPad、iPhoneを使用するので、直感的な画面操作により、比較的教育コストもかかりません
場所も取らず、常に最新のシステム(バージョンアップレス)、様々な決済方法にも簡単に対応可能
・サポート体制もしっかりしているため遠隔で対応していただけます

②MF会計 「マネーフォワード会計」

>>MF会計の詳しい機能

MF会計料金のご案内
・クラウド会計ソフトのためインストール不要。Macにも対応可能。
・AI仕訳機能 APIデータの自動連携機能(銀行口座やカードだけでなく、決済、POS、クラウドソーシング等と連携可能です。)
・その他 業務を効率化する各クラウドソフトと連携

■ お客様の声*************************************************
スマレジはクラウドソフトのため「どこにいても情報が見えてとても重宝しています」
店舗が複数あり売上、在庫の把握の確認が自分のデスクから、
外出先からも見ることができるようになりリアルタイムに
経営判断情報を得ることが可能になりました。
本部と店舗のやりとりも同じ画面が見えるので
共有することによって問題把握までの時間が短くなりました。

posレジと会計ソフトのデータが自動連携ができるのですべての項目を入力する手間がなくなり時間短縮しています。
以前まで小口現金残高が合わないことも、、現在は小口現金管理は入金した分だけ使用できるナナコカード・クレジットを主に経費決済時に使用しています。
ナナコカード・クレジットを使用できるお店も多いため、8割の経費使用分のデータを自動連携しています。

自動連携されるので預金・現金の実残高と突合も行いやすく他の業務に時間を充てることができるようになりました。