【CASE9】RPA WinActor

RPA

RPAとは

「ロボティック・プロセス・オートメーション」
(Robotic Process Automation, RPA)
ロボットによる業務自動化を意味します。

WinActorについて
WinActorは2010年にNTT研究所で産まれた純国産RPAソリューションです。
Excel、ブラウザ、個別の業務システム等、Windows端末から操作可能な、あらゆるアプリーケーションの操作をシナリオとして学習し、PC操作を自動化するソフトウエア型のロボットです。

RPAのメリット
人の判断がいらない作業をロボットが作業し自動化!

作業を登録することで各処理を自動的に処理
単純ミスをせず365日休まず働いてくれます
・作業の効率化、人件費の確保がいりません
・業務品質の標準化
・単純くりかえし作業から解放され、他の業務に時間を使用することが可能

例:
■経理・財務
請求、支払データ作成
仕訳入力
振替伝票処理
GOOGLEMAPのデータを使用して経費精算

■総務
日報チェック
各申請書類作成
台帳管理

■人事
残業・勤怠管理→抽出リスト作成
人事情報の転記登録処理

■営業事務
営業日報入力
申込書作成
経費申請
営業履歴保管

■他
各ソフトへの転記や集計・自動印刷
ECサイト 管理業務